雨漏りの早期発見が大切です、雨漏り診断士のいる小林防水に安心してお任せください。

建物のベランダや屋上、窓枠などには防水加工がされています。雨や雪、紫外線などにより防水機能も低下していきます。ベランダの塗装が剥がれている、窓の回りや壁のコーキングが切れたり、外れているそんな時は雨漏り診断が必要です。早めの診断、防水工事が安心安全な暮らしを守ります。

防水工事にもさまざまな工法があります、建物の構造や雨漏り診断に基づき、最適な工法をご提案いたします。

ウレタン塗膜防水通気緩衝工法

通気性能を有する通気緩衝シートを張り付け、その上に塗膜防水材を塗布することで形成される防水工法です。
降雨等、上からの水分をシャットアウトすると共に、膨れの原因となる下地に含まれている蒸気化した水分を脱気装置にて外部に排出させる為、安全で信頼性の高い工法です。

作業工程

①高圧水洗浄
②既存伸縮目地撤去~シーリング材充填
③下地調整(樹脂モルタル)
④プライマー塗布
⑤通気緩衝シート張り付け
⑥ウレタン塗膜防水1層目
⑦ウレタン塗膜防水2層目
⑧トップコート塗布

塩ビシート機械的固定工法

固定ディスクを用いて、防水シートを屋根下地に固定する工法です。
下地の影響を受けにくく、改修工事の場合など、下地処理が最低限で済み、工期短縮をはかる事ができます。

作業工程

①絶縁シートの敷き込む       
②FL鋼板の取り付け
③IHディスクの固定
④塩ビシートの敷設
⑤FL鋼板と塩ビシートの溶融着接合
⑥塩ビシート相互の溶融着接合
⑦塩ビシートとIHディスクの誘導加熱接合
⑧完了全景

シーリング工事

防水工事において、必要不可欠な工事としてシーリング工事があります。シーリング工事とは外壁同士の隙間や外壁とサッシの隙間、また、サッシと窓ガラスの隙間など、住宅に存在するありとあらゆる隙間を埋める工事のことを言います。

作業工程

  1. 既存シーリング撤去
  2. マスキングテープ貼り付け
  3. プライマー塗布
  4. シーリング材充填
  5. ヘラ押え
  6. マスキングテープ剥がし

長尺シート工事

長尺シートとは正式には防滑性ビニル床シートと言います。大きな特徴は、滑らず、掃除の手間がかからず、遮音効果もある床専用のシートになります。よくマンションの廊下床や階段で使われ、ベランダや屋上で見られると思います。

作業工程

①長尺シートの接着剤塗布施工
②共用廊下の幅に合わせて長尺シートの調整
③長尺シートの繋ぎ目の溶接
④共用廊下の入隅部分の調整
⑤専用のローラーを使って密着性を高める
⑥長尺シートの入隅部分のシール施工
⑦共用廊下の長尺工事完了